FC2ブログ
モデル女性募集
当ブログでは、素人女性で当ブログで写真を掲載してもいいよ!という女性を大募集しています!

・見られたい願望の強い女性。
・ネットアイドルになって男にチヤホヤされてみたい方。
・定期的に合える男性が欲しい方。
・彼氏が欲しい方。
・セフレが欲しい方。

メールフォームから気軽に応募してみてください。
追って内容をご案内させていただきます!
※個人運営の為、費用は一切必要ありません!
アナタの願望を全力でバックアップ致します!!
(撮影の内容は相談の上、決定いたしますのでソフトなものでも ハードなものでも自分の出来る範囲で結構です)
SPECIAL THANKS 相互リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

女性客の攻略!(タイプ別)

01_03.jpg
今回はタイプ別に客への接し方などを私独自の女性心理学をもとにし分析。
タイプ別の客の攻略法などを伝授したいと思う。


大きくタイプ別に分けて

・ルックスに自信がない女性
・ルックス性格ともに上々の女性

と2タイプの女性客としよう。
まず最初にルックスに自信のない女性だが、これは単純に褒めちぎれ!と思われがちのタイプだが
実はそうではない、褒めるよりも内面を見てあげている雰囲気をこちらが出す事で良い方向へと転がるものである。
と、いうのはルックスに自信がない女性は、自分のルックスが劣っている事など100も承知なのである!
故にルックスを褒めちぎれば単純に「嫌味」と受け取られるのが関の山なのだ。
このタイプは自分に自信がない分、周りへの気配りなどが長けているタイプが多く、日頃から周囲に気を使うタイプの
女性が多いのも常なのだ。
では、どの様に接したら良いのかというと【悲劇のヒロインに仕立て上げる】これが最良の選択であると私は考える。
女性とは意外と悲劇に酔いたくなるものであり、その悲劇の中心に自分がいる事を心地よく思ってしまう女性が多いのだ。
具体的には「○○さんて周りが楽しんでくれるなら自分が我慢すればいいんだ…」って思っちゃうタイプっぽいですね。
と、悲劇のヒロインに仕立ててしまう言葉で様子を探るのも手である。
このタイプの女性の8割はこのセリフで自分に酔ってしまうものだ。
あとは、そのセリフをキッカケにして、客の愚痴を聞いてあげて「なんか可愛そうだね…」と言ってあげれば良いのか?というとそうでもない。「可愛そう」なんて同情してほしい客などそうホストクラブに来るものではない!
楽しく飲みにくる席で湿っぽい話で喜んで帰る客など皆無なのだ!
ならばどう返答するのか…。答えは「がんばれ!」と応援してあげるような言葉をかけてあげるとしんみりムードは
一気に「応援してもらえるならがんばる!」ムードへと変わり、テーブル自体も盛り上がるはずである。

次にルックス性格ともに上々の女性のタイプの場合であるが、これがなかなかに難しい…。
ルックスが長けている事など当然自覚しているし、言い寄る男も多いから褒められなれているので
どうあっても自分のペースを崩さずに、いつもの自分のままでいるから、こちら側を冷静に分析しているタイプが多い。

このテの客を崩すには、まずルックスの良い女性というのはプライドの高い女性が多く、そのプライドがジャマをして
無闇にホストなんぞに熱をあげない!というタイプが多く見られる。
ならばそのプライドをどう崩してゆくのか…。という事から始めてみよう。

プライドの高い女にはこちらから先に与える!コレに限る!
どういう事かというと、プライドが高いからこそ「自分から惚れた」とは思いたくないという自尊心
そこをまず崩す事が最良なのだ。
では、何を与えるのか?
ぶっちゃけると客の望むモノという事になるが、これは個々の客によってまるで違うものなので割合するが
たとえばその客の望みは何か?何のためにホストクラブに来ているのか?考えてみよう。
与えるものは「物」とは限らない!楽しい時間であったり、客によっては指名ホストの身体だったりもする。
安易に肉体関係を結べば「枕ホスト」のレッテルを貼られる。
ならば「デート」をしてあげれば良いのではないのだろうか?
単純に一緒の食事に誘い、楽しい時間をすごして別れる。これだけでも客の自尊心は十分に保たれるのである。
「食事に誘われご馳走になったから、そのお礼」という方程式が客の中に確立するのである。
そうなれば後は声をかけずとも「お礼だから…」というお題目を掲げ、客自ら店に足を運んでくれるだろう。

人間の心理とは考え様によっては、割と単純であり、常日頃から、このタイプの人間の行動は~、と考えていると
自然とこのタイプにはこういう対策!といった定義がいつしか自分の中に生まれていくものである。

-end-
スポンサーサイト
[PR]

夜の接客術コラム | 【2015-10-23(Fri) 01:29:11】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © 元ホストクラブ代表の素人ハメ撮り紀行!(お水の接客術も公開) All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。